DBAETF買えない?どこで買える?農業(食品)コモディティに長期投資

DBAETF買えない

DBAインベスコDBアグリカルチャー・ファンドは何処で買える?sbi証券で買えない?

DBAインベスコDBアグリカルチャー・ファンドは、一時期SBIでも、取り扱いがありましたが
現在では、外国株式投資の欄を検索しても出てこなくなりました。

楽天証券で購入することが可能です
自動積立も楽天証券でなら簡単に設定することが出来ます。

DBAは比較的経費率が高めのETFではあるものの、
先物投資は行いたくない、今後の食糧需要の増加に
ポートフォリオのコモディティの一つとして、もっていたいという
方向けのETFとして需要があります。

農業商品ETFのDBAとは、どんなコモディティに投資するETFなの?

「DBA」とは「Invesco DB Agriculture Fund」という農業商品に焦点を当てたETF(上場投資信託)の略称です。このETFは、さまざまな農業関連の先物契約に投資することによって、農業市場の動向に連動するパフォーマンスを目指しています。具体的には、コーヒー、砂糖、小麦、大豆など、様々な農産物の先物契約に投資することが一般的です。

ETFとは、株式市場で取引される投資信託の一種で、特定の指数や商品、資産クラスをベースにしています。DBAのような商品ETFは、商品市場に直接投資する代わりに、その市場の動向を反映する投資手段を提供します。これにより、投資家は特定の商品市場に簡単にアクセスでき、その市場の価格変動から利益を得る可能性があります。

DBA以外にも農業商品関連のETFは、ないの?

DBA(Invesco DB Agriculture Fund)以外の農業商品関連のETFを紹介します。これらのETFは、農業製品や農業関連企業への投資を可能にするものです

WEAT(Teucrium Wheat Fund)

WEAT、またはTeucrium Wheat Fundは、小麦の先物契約に投資するETFです。このファンドは、小麦市場の価格動向に連動する投資成果を目指しています。WEATは、小麦の将来の価格に対する露出を提供し、投資家に商品市場へのアクセスを容易にします。農産物市場の変動性が高いため、リスクとリターンを慎重に考慮する必要があります。WEATは、

CORN(Teucrium Corn Fund)

トウモロコシ市場に焦点を当てたETF(上場投資信託)です。投資の目的は、トウモロコシの先物契約に基づくNYMEXの価格に連動する投資成果を追求することにあります。農業セクターの動向や気候変動、グローバルな需要の変化など、多様な要因によって価格が影響を受けます。
SOYB(Teucrium Soybean Fund): 大豆市場に投資することを目的としたETFで、大豆価格の動きに連動します。

グローバルX 農業テック&フード ETF

グローバルX 農業テック&フード ETFは、農業技術と食品関連の先進企業に投資するETFです。データ駆動型農業、植物育成の自動化、代替肉や栄養豊富な食品の開発など、革新的な技術に投資することで、世界的な食料問題への解決策を提供することを目指しています。

VanEck Vectors Agribusiness ETF (MOO)

VanEck Vectors Agribusiness ETF (MOO) は、農業ビジネスに特化した投資を提供するETFです。世界中の農業化学品、種子、肥料、農業機械などを手がける企業に投資し、食品安全性や持続可能な農業の発展に貢献しています。多様な農業関連企業への広範囲な投資を通じ、投資家はグローバルな農業セクターの成長にアクセスできる機会を持ちます。MOOは、長期的な成長ポテンシャルを持つ農業分野に焦点を当てており、資源の限られた世界で食料供給の安定化と効率化を目指しています。

iシェアーズ MSCI グローバル・アグリカルチャー・プロデューサーズ ETF

iシェアーズ MSCI グローバル・アグリカルチャー・プロデューサーズ ETFは、世界中の農業生産者に焦点を当てた投資を提供します。このETFは、食品、農薬、肥料の生産に関わる多国籍企業を含む、多様な農業関連株式に投資しています。投資家にとって、このETFは農業セクターの成長機会を活用する手段を提供し、地球規模での食糧需要の増加というトレンドを利用することができます。また、地理的多様性によりリスク分散が期待できるため、長期的なポートフォリオ戦略の一環として魅力的です。

これらのETFは、それぞれ異なる農業商品やセクターに特化しているため、投資家は自分の投資目的や関心に合わせて選択することができます

長期投資として農業商品関連のETFをポートフォリオに組み込む理由

長期投資において、農業商品関連のETF(上場投資信託)をポートフォリオに組み込む理由は複数あります。第一に、食料品の需給バランスは人口増加や気候変動により変動し、これらの要因は将来的に農産物の価値を高める可能性があります。第二に、農業商品は金融市場の他の資産と相関性が低いため、分散投資の一環として有効です。第三に、農業技術の進歩や持続可能な農業への移行は、長期的には農業セクターを成長させる要因となります。これらの理由から、農業商品関連のETFは、長期的な安定した成長を求める投資家にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

自分で先物投資がよりおすすめ?ETFで農業商品関連ETF投資する理由

まず、ETFは先物市場の複雑さやリスクを管理する専門知識が不要で、一般の投資家でも容易にアクセスできます。
さらに、ETFは分散投資が可能で、一つの商品に依存するリスクを低減します。また、ETFは流動性が高く、株式のように簡単に売買できるため、市場の変動に素早く対応できます。先物取引は専門的でリスクが高い一方、ETFは手軽で安全な投資方法として、農業商品市場への露出を求める投資家に適しています。これらの理由から、農業商品関連ETFは、特に長期投資を考える際に有効な選択肢となります。

DBA構成商品比率は?きちんと分散できてる?




DBA Fund Comprehensive Information


DBA Fund Comprehensive Information


資産名 ファンド割合
Invesco Government & Agency 22.30%
912797HS:GOV 17.69%
Invesco Short Term Treasury 7.24%

配当利率: 0.43%

経費率: 0.91%


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る